地震の備えロゴ

地震の備え・イメージ
HOME > 睡眠中に大きな地震が来たら

睡眠中に大きな地震が来たら

睡眠中に大きな地震が発生した場合、揺れに気づくのが遅れたり、すばやい判断ができない可能性があります。

また、停電になると真っ暗闇の中で避難しなければならず、昼間に比べ危険な状態に陥りやすくなります。

夜中の寝ている時に地震が発生した場合は、次のようなことをヒントに身を守る行動を優先してください。

スポンサーリンク


睡眠中に大きな地震が来た時の対処法

 

布団や毛布をかぶる

睡眠中にいきなり大きな揺れが来て動く余裕もない時は、布団や毛布をかぶって頭や身体を保護し、うつ伏せになって揺れがおさまるのを待ちます。

この時、仰向けになるのは重いものが倒れて来たり落ちて来た場合、のどや胸、お腹などを圧迫し、窒息する可能性があるので危険です。

うつ伏せか横向きになって、体を丸めるようにしたほうが安全です。

布団をかぶる余裕がない場合は、枕やシーツで頭部だけでも保護するようにしましょう。

家具の横などに身を伏せる

動く余裕があれば、布団や毛布をかぶったまま、または枕やシーツで頭部を保護したまま、ベッドや机の下、丈夫な家具の横などに体を丸めて揺れがおさまるまで身を伏せます。

本棚や飾り棚の近くは、本や色々なものが落ちてくる可能性があるので避けてください。

明かりをつける

大きな揺れがおさまったら、まずは明かりをつけます。

停電で明かりがつかないこともあるので、枕元の手の届くところに、常に懐中電灯や非常用ランタンなどを用意しておくのがベストですが、ない場合はスマートフォンの明かりを頼りに懐中電灯などを探してください。

強い揺れがおさまっても、余震で何かが倒れたり落下して来ることがあるので、頭部は枕やシーツなどで保護したままにしておきましょう。

周囲の状況を確認する

明かりを確保したら、足元に注意しながらドアを開け、周囲の状況を確認します。

ガラスの破片やその他の危険物が散乱している可能性があるので、部屋の中を移動する場合は必ずスリッパなどを履いてください。

家族の安全を確認する

家族に声をかけ、無事であるかどうか確認します。

家族全員の安全を確認したら、いつでも避難できる場所に移動して夜が明けるのを待ちましょう。

危険が迫っている場合は避難する

揺れが落ち着いて来たら、ラジオやスマートフォンで地震に関する情報を収集してください。

津波や川の氾濫、土砂崩れなどの危険が迫っている場合は、非常持ち出し袋などを用意し、家族で協力しながら速やかに避難してください。

周辺一帯が停電している場合は、懐中電灯を持参し安全を確認しながら慎重に行動してください。また、途中で余震が起こることもあるので、非常用ヘルメットや帽子、タオルなどで頭部はしっかりと保護するようにしてください。

睡眠中に地震が起きた時のために備えておきたい物

夜中に地震が起きて停電した場合、一番危険なのは暗闇の中での避難です。
そのため、枕元の手の届くところに、常に懐中電灯や非常用ランタンなどを置いておくと安心です。

【おすすめの非常用ランタン】

充電式LED防災ランタン 11200mAhバッテリー 最大510時間の連続点灯 LED4色切替 IP65防塵防水 無段階調光 停電対策 防災グッズ

>>非常用ランタン一覧(アマゾン)

>>非常用ランタン一覧(楽天市場)

また、スマートフォンを枕元に置いておくと、緊急地震速報の音で目を覚ますことができ、ライトを使えば懐中電灯の代わりにもなります。
その他、家族と連絡を取ったり、地震に関する情報収集にも役立ちます。

寝室のすぐわかる場所にスリッパを置いておくことも大切です。
大きな揺れの後は、ガラスの破片などが飛散している可能性があるため、裸足での移動は危険を伴うからです。


アマゾンでは、さまざまな地震対策グッズを取り扱っています。
  ・地震対策グッズ(アマゾン)

楽天市場をご利用の方は、こちらのページを参考にしてください。
  ・防災関連グッズ(楽天市場)


スポンサーリンク


MENU

地震が来た!その時どうするか

今からできる地震の備え

地震に備えて確認しておこう

地震について知っておきたい事

地震と原発事故

 

スポンサーリンク

 

おすすめ書籍

子どもの命と未来を守る! 「防災」新常識 パパ、ママができる!!水害・地震への備え


スマホで防災 家族も自分も守る! スマホで始める最新防災マニュアル


【保存版】新しい防災のきほん事典