地震の備えロゴ

地震の備え・イメージ
HOME > 買い物中に地震が発生したら

買い物中に地震が発生したら

スーパーマーケットやショッピングモールなどで買い物中に大きな地震が発生したら、店内で悲鳴がしたり、出入り口に向かって大勢の人が殺到するなど、パニック状態になりがちです。

しかし、少しでも冷静で的確な判断と行動ができるように、普段から対処法を知っておくことが大切です。

スポンサーリンク


買い物中に地震が発生した時の対処法

買い物中に大きな地震が発生した場合の対処法として、次のようなことを心掛けてみてください。

パニックにならない

人がたくさんいる所で何らかの災害が起こった場合、一番怖いのはパニックになって収集がつかなくなることです。

大勢で出口に殺到したり、一緒にいた子供を見失ってしまったり、通路や階段で将棋倒しになってしまったりと、被害が大きくなりがちです。

いきなり大きな揺れが来たら、誰でも慌てふためいてしまいますが、地震の揺れは長くても1分以内にはおさまります。

また、建物の一部で火災が発生しても、燃え広がるまではある程度の時間がかかるので、落ち着いて行動すれば十分に避難することができます。

商品の陳列棚やショーケースから離れる

店内で大きな揺れが発生すると、陳列棚の商品が落ちてきたり、展示品が倒れてきたり、時には陳列棚そのものが倒れてきたり動いてきます。

ガラスのショーケースはガラスが破損して飛び散る危険性があり、電化製品を扱っている家電量販店などでは、重いものが倒れて来る危険性があります。

また、書店では、棚から落ちてくる本が凶器になることさえあります。

このような危険性をあらかじめ予測し、商品の陳列棚やショーケースから離れ、広い通路か、または出入口が近くなら外に出るようにしましょう。

買い物途中のかごやカートはそのまま放置しても大丈夫ですが、バッグや財布などの貴重品は手から離さないようにしましょう。

頭部を守る

少しでも安全な場所に移動する場合でも、また移動する余裕がない場合でも、必ず頭部を守るようにしましょう。

周りから色々な物が落ちて来たり、倒れて来たりした場合、頭部を直撃されると致命傷になってしまうからです。

上着やバッグなど、手持ちのものがあれば何でも良いので、頭部にあてて守るようにしてください。近くに空の買い物かごや段ボール箱があれば、頭にかぶって頭部を保護することもできます。

特にスーパーやデパートなど、柱の少ない場所では天井が落下してくる危険性があるので、頭部を守ることを最優先してください。

カートで買い物をしている場合は、両膝を床につけ、上半身をカートの下に入れて身を守るという方法もあります。

店員の指示に従う

スーパーマーケットやショッピングモール、デパートなどでは、大きな地震やその他の災害が発生した場合、店員がお客様を安全な場所に誘導することになっています。

必ずしも迅速な指示があるとは限りませんが、店員の指示があれば、その指示に従って行動してください。

すぐに指示がない場合は、自分で判断して頭部を守り、危険な場所から離れてください。

非常口から避難する

スーパーマーケットやデパートなど、大勢のお客様が集まる建物には、必ず出入口の反対側に何箇所かの非常口が設けられています。

非常口には必ず表示がついているので、普段から非常口の場所を確認しておきましょう。

出入口から遠い場所にいる場合は、非常口から脱出することにより、身を守ることができます。

揺れがおさまったら広い場所で待機する

揺れがおさまったら、建物の倒壊のおそれがない広い場所で待機してください。

スマホなどを持っていれば、家族と連絡を取り安否確認をしてから、次の行動に移ってください。

津波の恐れがある場合は、すぐに避難を開始しなければなりませんが、道路の陥没や余震には十分に注意してください。


アマゾンでは、さまざまな地震対策グッズを取り扱っています。
  ・地震対策グッズ(アマゾン)

楽天市場をご利用の方は、こちらのページを参考にしてください。
  ・防災関連グッズ(楽天市場)


スポンサーリンク


MENU

地震が来た!その時どうするか

今からできる地震の備え

地震に備えて確認しておこう

地震について知っておきたい事

地震と原発事故

 

スポンサーリンク

 

おすすめ書籍

被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40


スマホで防災 家族も自分も守る! スマホで始める最新防災マニュアル


子どもの命と未来を守る! 「防災」新常識 パパ、ママができる!!水害・地震への備え