地震の備えロゴ

地震の備え・イメージ
HOME > 入浴中に地震が発生したら

入浴中に地震が発生したら

地震は、いつどんな時に発生するか予想できません。お風呂に入っている時、シャンプーをしている時に発生することもあります。

突然の揺れにパニックになってしまいそうですが、入浴中に地震が発生したらどうしたら良いか、あらかじめ知っておくことにより、的確な行動が取れるようになります。

また、普段から「浴室の高いところに物を置かない」、「鏡や窓に飛散防止フィルムを貼っておく」などの対策をしておくことも大切です。

スポンサーリンク


入浴中に地震が発生したらどうするか

お風呂に入っている時に地震が発生したら、基本的には次のような順で対応します。

(1)浴室の扉を開けて避難経路を確保する

入浴中に揺れを感じたら、まずは浴室の扉を開けていつでも避難できるようにします。

地震の揺れが大きかった場合、建物がゆがんで浴室の扉が開かなくなり、閉じ込められてしまう可能性があるからです。

可能なら、入浴中は常に10cmほどでも開けておくようにすれば、万が一閉じ込められても助けを呼ぶことができるので、地震対策になります。

(2)頭部を保護して大きな揺れがおさまるのを待つ

浴室では、割れた鏡や窓ガラス、はがれたタイルなどが落ちて来ることがあります。

また、棚に剃刀や石けんなど、色々な小物類が置いてある場合も落ちて来る可能性があるため、まずは洗面器やタオル、お風呂の蓋などで頭部や身体を守るようにします。

慌てて立ち上がると転倒する危険性があるので、頭部や身体を守りつつ姿勢を低くして大きな揺れがおさまるのを待ちます。

(3)バスタオルや衣類を体に巻いて避難する

揺れが激しく、浴室の鏡や窓ガラスが割れて危険な状態なら、バスタオルを体に巻いて比較的安全な玄関などに避難してください。

服を着る余裕はありませんが、脱いだ服や着替え用のパジャマなどが近くにあれば、それを頭部や身体に巻いて避難してください。

この時、床にガラスの破片や剃刀など危険なものが落ちていることがあるので、十分に注意してください。スリッパやお風呂ブーツがあれば、それを履いて移動するようにしてください。

停電になることもあるので、脱衣所には常に懐中電灯などを置いておくと安心です。

(4)給湯器の電源を消す

ガス給湯器であっても、石油給湯器であっても、大きな地震が起きた時は、対震自動消火装置が作動し、自動的に止まるようになっています。

そのため、慌てて消さなくても火事になることは殆どありませんが、念のため電源を消すようにしましょう。

特に家を出て避難する場合は、給湯器の電源は必ず切っておきましょう。

シャンプー中に大きな地震が来たら

シャンプー中で、髪の毛が泡まみれになっている時に大きな地震が来たら、誰でも慌ててしまい、どうしたら良いかわからなくなってしまいます。

ともかく命を守ることを最優先に、シャンプー途中であってもそのままにして頭部を守ってください。シャンプー液が目に入らないように注意しながらタオルを頭に巻いたり、洗面器をかぶったりして浴室の扉を開け、姿勢を低くして揺れがおさまるのを待ちましょう。

浴室の鏡や窓ガラスが割れて危険な状態なら、バスタオルや着替えの服などを体に巻いて避難してください。

完全に揺れがおさまって安全が確認できたら、シャンプー液を洗い流すようにしてください。

もし、停電などでシャワーが使えない場合は、浴槽に溜めてあるお湯を利用したり、タオルで頭部の泡を拭き取っておくようにしましょう。

日頃の備え

日本では、お風呂は毎日入るという人が多く、入浴中に大地震に遭遇する確率も高めです。

しかし、日頃から備えをしっかりしておけば、いざという時に慌てずに身を守るための行動をすることができます。

まずは、浴室の鏡や窓が割れてもガラスの破片が飛び散らないよう、「飛散防止フィルム」を貼っておきましょう。

【飛散防止フィルムの例】

[Amazon限定ブランド] PROTEALL 窓用フィルム 窓ガラスフィルム 目隠しシート プライバシー保護 窓飾りフィルム ガラス飛散防止シート 断熱フィルム UVカット 貼り直し可能 すりガラス調 (薄白, 30*200cm)



>>飛散防止フィルム一覧(アマゾン)

>>飛散防止フィルム一覧(楽天市場)

また、高い位置にシャンプーや石けん、剃刀、清掃用具などを置いておくと、揺れた時に落ちてきて危険な状態になるので、日頃から低い位置に置いておくようにしましょう。

停電になると、身動きが取れなくなる恐れがあるので、浴室や脱衣所には懐中電灯や、電源不要の防水ライトなどを常備しておくと安心です。

バスタオルやバスローブ、着替え、スリッパなどは、すぐ使用できる位置に置いておくと、避難する時に慌てなくて済みます。


アマゾンでは、さまざまな地震対策グッズを取り扱っています。
  ・地震対策グッズ(アマゾン)

楽天市場をご利用の方は、こちらのページを参考にしてください。
  ・防災関連グッズ(楽天市場)


スポンサーリンク


MENU

地震が来た!その時どうするか

今からできる地震の備え

地震に備えて確認しておこう

地震について知っておきたい事

地震と原発事故

 

スポンサーリンク

 

おすすめ書籍

避難所に行かない防災の教科書


被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40


スマホで防災 家族も自分も守る! スマホで始める最新防災マニュアル