地震の備えロゴ

地震の備え・イメージ
HOME > 屋外にいる時は

屋外にいる時は

屋外にいる時に地震の揺れを感じたら、まずは手に持っている荷物や上着などで頭部を保護する事を最優先し、落下物や倒れてくるものから身を守りながら避難します。

また、避難する時は、エレベーターや車は思わぬ事故につながる危険性が非常に高いため、決して使わないようにしましょう。「地震の時の非難は必ず徒歩で」を頭に入れておいてください。

道を歩いている時に地震が来たら

●道を歩いている時に揺れを感じたら、まず頭を守る事を第一に考えてください。
頭上から落ちてくるものから身を守るために、手に持っているカバンや荷物、来ている上着などで頭を覆います。特に屋根かわらや店の看板などが落ちてくる事があるので要注意です。

●周囲を見回し、倒れて来そうなものから遠ざかります。
電柱やブロック塀、自動販売機なども倒れる危険性があります。

車を運転中に地震が来たら

●車を運転中に地震の揺れを感じたら、まずハンドルをとられないようにしっかり握り、徐行しながら道路の左端に停車します。

●キーを抜かずにエンジンを止め、揺れがおさまるまで車の中で待ちます。

●揺れがおさまったら、キーをつけたままドアロックはせずに車から降ります。

●周囲の様子に気を配りながら必ず徒歩で避難します。

●万が一、崖崩れや建物の倒壊などで、車の中に閉じ込められてしまった場合の備えとして、レスキューハンマーというものがあります。自動車の窓ガラスを粉砕して脱出するもので、地震以外にも、雪道や台風、風水害の場合にも役に立ちます。

  >>レスキューハンマー(楽天市場)

デパートや地下街にいる時に地震が来たら

●デパートや地下街にいる時に地震の揺れを感じたら、まず手に持っている荷物やバッグ、上着などで頭を覆います。

●商品が積んである棚やガラスケースなどから遠ざかり、近くに丈夫な机やテーブルなどがあれば、その下に身をふせます。また、トイレや階段の踊り場などは、比較的安全な場所です。

●揺れがおさまったら、周囲の状況を良く見ながら非常口を探し、脱出します。
この時、エレベーターは閉じ込められてしまう危険性があるので使用せず、必ず階段を利用します。

●地下街で揺れを感じたら、手持ちのもので頭部を保護しながら出口に近い階段の壁ぎわなどに身を寄せます。壁ぎわは落下物などの被害が少なく、万一照明が消えても壁づたいに手探りで行けば、出口にたどり着く事ができます。

海にいる時に地震が来たら

●海水浴などで海辺にいる時に地震の揺れを感じたら、荷物などはそのままにすぐさまその場を離れ、近くの高台に避難します。

特に震度4以上の地震では、津波が押し寄せて来る危険性が高く、津波が来るのが見えてから避難するのでは、手遅れになります。また、弱い地震でも長時間の揺れで津波が発生する事があります。

●避難する時は渋滞に巻き込まれたり、パニックによる事故に巻き込まれたりする事を防ぐため、車は使用せず、必ず徒歩で避難します。

●安全な場所に避難したら、津波警報、注意報などの情報を入手し、それが解除されるまでは絶対に海に戻らないようにします。

スポンサーリンク


MENU

地震が来た!その時どうするか

今からできる地震の備え

地震に備えて確認しておこう

地震について知っておきたい事

地震と原発事故

 

【おすすめ情報】

東日本大震災の被災者の体験談とともに、防災のノウハウをわかりやすく解説しています。

被災地から学ぶ かぞくの防災


大きな地震の際には、頭部を守るのが最優先です。車内にも軽量・コンパクトなヘルメットを備えておくと安心です。

国家検定品 ヘルメット アメリカンタイプ SS-100型AJZ(発泡スチロール入) ホワイト FS-100AJ